バストアップ方法

バストアップしたい高校生におすすめの方法とは?彼氏にも自慢できるバストに!

高校生にもなると、バストの大きさも気になってきますよね。

夏になると友達や彼氏と一緒に、プールや海へ行くこともあります。

そんなとき、バストの大きさを気にして、思いっきり遊べなかったりする人もいるのではないでしょうか?

でも、高校生だとバストアップにお金はかけられないですよね。

そこで今回は、そんな成長真っ盛りの高校生が、お金をかけずにバストアップするための方法を紹介します。

今よりもバストアップして、彼氏にも自慢できるバストになりましょう!

高校生はバストの成長期!

バストが成長するのは、早い人で10歳、遅い人で15歳と言われています。

なので、ほとんどの人が高校生のときにバストが成長するのです。

このバストの成長期にバストアップを心がけることは、今後のバストの大きさも左右しますし、効果が期待できると言えます。

高校生のためのバストアップ方法

高校生の時期は、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が盛んです。

その中でも、バストアップのためには、女性ホルモンの分泌を促すことが大切です。

女性ホルモンの分泌を促すことで、バストにある乳腺が刺激され、バストアップが期待できます。

お金をかけずに女性ホルモンの分泌を促す方法を見ていきましょう。

規則正しい生活習慣

ダイエットなどで生活習慣が乱れていると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

規則正しい生活習慣を送ることで、女性ホルモンの分泌を正常にします。

特に、睡眠は大切です。

夜の22時~深夜の2時は、ゴールデンタイムと言われています。

この時間に寝ることで、成長ホルモンも分泌されるので、バストアップにつながります。

夜遅くまで携帯やテレビを見るのをやめて、早めに寝るようにしましょう。

バランスのいい食事

高校生は体型が気になりだす歳でもあり、食事制限をしたりする人も多いのではないでしょうか?

ご飯を食べないなどの食事制限は、健康のためにも良くありません。

1日3食、バランスの取れた食事を心がけましょう。

バストアップのためには、女性ホルモンの分泌を促してくれる食材を積極的に食べるようにしましょう。

イソフラボンを多く含む食材

豆乳・豆腐・納豆・チーズ・ヨーグルト・牛乳など

ボロンを多く含む食材

りんご・キャベツ・はちみつ・わかめ・ひじきなど

タンパク質を多く含む食材

鶏ささみ・豚ひれ肉・マグロ・さんま・鮭など

高校生だと、食事はお母さんに作ってもらう人がほとんどだと思います。

でも親に「胸を大きくしたいから」とはなかなか言えないですよね。

「健康的にダイエットしたいから」という理由などで、食材を積極的に使ってもらえるように頼んでみてはどうでしょうか?

適度な運動

高校の部活動で運動している人なら、心配ないと思います。

バストアップのための筋トレをするなら、大胸筋を鍛える腕立て伏せがおすすめです。

大胸筋は、バストを支えている筋肉です。

大胸筋を鍛えることで、バストの形やハリを改善することができます。

マッサージをする

バストアップマッサージをすることで、血行が良くなり、バストに栄養が運ばれやすくなります。

また、バストの形も良くなるので、バストアップにはおすすめです。

マッサージをするときは、ボディクリームを使いましょう。

肌へのダメージを減らせますし、滑りも良くなるのでマッサージがしやすくなります。

マッサージをするタイミングは、お風呂上りがベストです。

「下から上へ」「外から内へ」を基本として、脂肪を揉みほぐすようにマッサージしましょう。

また、姿勢を正しくすることもバストアップに効果的です。

姿勢を正しくすると、バスト周りの血行が良くなります。

授業中などもバストアップのために背筋をしっかり伸ばしましょう。

高校生のためのバストアップ方法まとめ

  1. 高校生はバストの成長期
  2. バストアップのためには、女性ホルモンの分泌を促すことが大切
  3. お金をかけずに女性ホルモンの分泌を促す方法
  4. 規則正しい生活習慣
  5. バランスのいい食事
  6. 適度な運動
  7. マッサージをする・姿勢を正しくする

お金をかけずにバストアップする方法はあります。

でも、即効性はないので、毎日の継続が大切です。

慣れないことを一人でやると、ストレスも溜まってしまいます。

友達と一緒にバストアップ方法を試してみたり、彼氏と一緒に運動したりしてみてくださいね。

以上、「バストアップしたい高校生におすすめの方法とは?彼氏にも自慢できるバストに!」でした。