バストアップ方法

バストアップのための腕立て伏せにはコツがある!方法と効果を紹介します

バストアップのために「腕立て伏せ」というのはよく耳にしますが、

実は、バストアップのためには、ただ腕立て伏せをすればいいわけではありません。

腕立て伏せにもコツがあります。

今回は、そんなバストアップのための腕立て伏せのコツを伝授します。

腕立て伏せの方法やその効果についても、しっかり見ていきましょう!

バストアップに腕立て伏せが効果的な理由とは?

どこの筋肉を鍛えれば良いの?

大胸筋

大胸筋は、バストを支えている大きな筋肉です。

日常生活では、あまり使われることはありません。

大胸筋は年齢と共に伸びてしまうので、胸が垂れ下がらないためにも鍛える必要があります。

小胸筋

小胸筋は、大胸筋の深部にあって、バストを上に引き上げる筋肉です。

肩甲骨を剥がす

肩甲骨とは、背中にある羽のような骨の部分のことです。

肩甲骨は、リンパが流れている鎖骨にくっついています。

腕立て伏せにより肩甲骨を剥がすことで、血行が良くなり、バストに栄養が運ばれやすくなります。

 

バストアップのための腕立て伏せは、私たちが想像している腕立て伏せではありません。

腕を鍛えるのではなく、大胸筋や小胸筋を鍛え、肩甲骨を剥がすための腕立て伏せです。

バストアップの効果的な腕立て伏せの方法

腕立て伏せをする前に、ストレッチをすることをおすすめします。

ストレッチをすると、固まっている筋肉をほぐすので、その後の腕立て伏せの効果を高めます。

壁を使った腕立て伏せ

  1. 肩幅に足を開き、壁に向かって立ちます。(壁との距離は、腕の長さよりも長く)
  2. 肩幅ぐらいの幅で、壁に両手をつきます。
  3. そのまま肘を曲げたり伸ばしたりします。

10回を1セットとし、1日3~5セットを目安にやりましょう。

おしりがつき出ないように注意してください。

また、目線が下にならないようにしてください。

膝つき腕立て伏せ

  1. 手を肩幅よりも少し広めに起き、腕立て伏せの姿勢になります。
  2. 膝をつきます。
  3. そのまま肘を曲げたり伸ばしたりします。

10回を1セットとし、1日3~5セットを目安にやりましょう。

頭から膝までが一直線になるように意識してください。

また、おしりがつき出ないように注意してください。

腕立て伏せのコツはこれ

  • 大胸筋・小胸筋を意識する
  • 肩甲骨を意識する
  • 反動をつけず、なるべくゆっくりとした動作を心がける
  • 肘を曲げるときは息を吐いて、伸ばすときは息を吸う

腕立てをしているときに腕だけに負荷がかかっていたら、やり方が間違っています。

あくまでも、バストアップのための腕立てです。

意識するポイントがたくさんあって大変という人は、大胸筋だけは必ず意識してくださいね!

無理はしないこと!

早く効果が出てほしいからと、無理にたくさん腕立て伏せをしないでください。

腕立ての姿勢は、腰に負担がかかっています。

また、やりすぎて筋肉を傷めるのも逆効果です。

痛気持ちいいぐらいの負荷で、やってみてくださいね!

また、毎日する必要もありません。

筋肉は、使ったら休めた方がいいので、1日おきにするのがいいでしょう。

そして、胸を支えているクーパー靭帯が伸びないように、必ずブラを着用した状態で行なってください。

バストアップのための腕立て伏せのまとめ

  1. バストアップには腕立て伏せが効果的な理由がある
  2. 大胸筋・小胸筋を鍛える
  3. 肩甲骨を剥がす
  4. バストアップのための腕立てには、主に2種類ある
  5. 壁を使った腕立て伏せ
  6. 膝つき腕立て伏せ
  7. バストアップのための腕立て伏せにはコツがある
  8. 反動をつけず、なるべくゆっくりとした動作を心がける
  9. 肘を曲げるときは息を吐いて、伸ばすときは息を吸う
  10. 無理はしない

バストアップのための腕立て伏せは、簡単でいつでもどこでもできますよね。

テレビを見ながらでもできます!

大胸筋を鍛えることは、バストアップはもちろん、バストの形をきれいにしてくれる効果もあるので、本当におすすめです。

今回、腕立て伏せの方法やコツがわかったと思うので、早速実践しましょう!

無理なく続けることがポイントですよ!

以上、「バストアップのための腕立て伏せにはコツがある!方法と効果を紹介します」でした。