バストアップ方法

胸のハリと弾力を復活させよう!ポイントは「食事」「マッサージ」「筋トレ」「ブラジャー」の4つ!

昔はピチピチのお肌も年齢と共にハリや弾力がなくなリます。

胸もそうです。

温泉に行ったとき他人の胸を見て「あんな胸にはなりたくないわー」なんて思っちゃったこと無いですか?

歳のせいにして何もしないでいるとあなたも同じように思われる日がきてしまうかも!?

ハリ弾力復活させることが可能です!

今回は、胸のハリや弾力がなくなる原因と復活させる方法を紹介します!

胸のハリや弾力がなくなる原因

エラスチンが不足している

エラスチンは、タンパク質の一種で、主にコラーゲン同士を結び付ける働きがあります。

エラスチンは、靭帯や血管、皮膚の中に存在します。

エラスチンが不足すると、コラーゲン同士を結び付ける働きが弱くなります。

すると、皮膚の水分が減少し、胸のハリや弾力がなくなるのです。

エラスチンがあってこそ、コラーゲンがしっかり働いてくれると言えますね。

エストロゲンの分泌が減少している

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、胸にある乳腺を刺激します。

乳腺が刺激されると、胸の脂肪が増えるため、バストアップにつながります。

また、バストのハリを保つ働きもあるのです。

このエストロゲンは、年齢と共に減少してしまうので、特に40代になると胸のハリがなくなったと感じてしまいます。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりする

クーパー靭帯には、胸を支える働きがあります。

妊娠や出産で大きくなった胸を支えたり、運動などで激しく胸を揺らしてしまうと、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまいます。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、胸が垂れ下がりハリがなくなります。

このクーパー靭帯は、一度伸びたり切れたりすると元には戻らないので、予防が重要になってきます。

大胸筋が衰える

大胸筋は、胸を支えている筋肉です。

日頃の生活ではあまり使われないため、意識して鍛えないとどんどん衰えていきます。

大胸筋が衰えると、胸を支えられなくなるので、胸が垂れ下がりハリがなくなります。

胸のハリや弾力を復活させる方法

胸のハリや弾力を復活させるには、内側と外側の両方からアプローチする必要があります。

「食事」で内側からアプローチ

エラスチンを多く含む食材

牛すじ・鶏手羽先・モツ・軟骨・魚

ここで注意してほしいのですが、エラスチンを多く含む食材だけを食べればいいということではありません。

エラスチンは、胃の中に入ると、活性酵素によって破壊されたり変形してしまいます。

それを防ぐためにも、ポリフェノールやビタミン類、ミネラルなど抗酸化作用のあるものをバランスよく取ることが大切です。

このようにエラスチンの減少を防ぐことができれば、食事で胸のハリや弾力を復活させることができるのです。

エストロゲンの分泌を促してくれる食材

  • ボロンを多く含む食材

りんご・ぶどう・キャベツ・はちみつ・わかめ・ひじきなど

  • イソフラボンを多く含む食材

豆乳・豆腐・納豆・チーズ・ヨーグルト・牛乳など

  • タンパク質を多く含む食材

鶏ささみ・豚ひれ肉・マグロ・さんま・鮭など

食事は1日3食、バランスの取れたものを心がけてください。
偏った栄養は、吸収の効率が悪くなり、効果があまりでないので気をつけましょう。

「マッサージ」で外側からアプローチ

マッサージをすることで、血行が良くなり、胸に栄養が運ばれやすくなります。

そうすると、先ほど紹介した食材の栄養もしっかり運ばれるので、胸のハリや弾力を復活させることができます。

また、バストアップ専用のクリームを使うと、さらに効果がアップします。

バストアップクリームには、バストアップのための成分が含まれているのはもちろんのこと、胸のハリや弾力を復活させる成分も含まれています。

マッサージはお風呂上りにするのが効果的なので、お風呂上りにバストアップクリームを使ってマッサージすることを習慣化してみてください。

「筋トレ」外側からアプローチ

筋トレで大胸筋を鍛えます。

大胸筋を鍛えて、胸のハリを復活させましょう。

筋トレをするときは、大胸筋に力が入っていることを意識するのがポイントです。

筋肉を痛めるとよくないので、やりすぎには注意してください。

  • 合掌のポーズ

手の平を胸の前で合わせ、10秒ほど強く押し合います。

  • 壁腕立て伏せ

壁の前にまっすぐ立ち、壁に手をつきます。

そのまま、肘だけを曲げたり伸ばしたりします。

「胸に合ったブラ」で外側からアプローチ

クーパー靭帯が伸びたり切れたりしないためにも、自分の胸に合ったブラをつけることが大切です。

自分の胸に合ったブラをつけて、これ以上胸のハリや弾力がなくなるのを防ぎましょう。

寝るときは「ナイトブラ」を、スポーツをするときは「スポーツブラ」を、バストアップを叶えたいなら「育乳ブラ」をつけることをおすすめします。

自分でサイズを測るのが難しい人は、ブラ専門店に行くと店員さんが測ってくれるので、活用してくださいね!

胸のハリや弾力を復活させる方法まとめ

  1. 胸のハリや弾力がなくなる原因がある
  2. エラスチンが不足している
  3. エストロゲンの分泌が減少している
  4. クーパー靭帯が伸びたり切れたりしている
  5. 大胸筋が衰えている
  6. 胸のハリや弾力を復活させる方法がある
  7. 内側と外側の両方からアプローチする必要がある
  8. エラスチンやエストロゲンを多く含む食材を食べる
  9. クリームを使ってマッサージする
  10. 筋トレをする
  11. 自分の胸に合ったブラをつける

胸のハリや弾力を復活させたいなら、しっかり栄養バランスを考えないといけないんですね。

分かっていても每日栄養バランスのよい食事を摂るのが難しいときもあります。

そんなときはサプリメントで補ってあげると良いですよ。

サプリメントも過剰摂取はよくないですが、食事で足りない栄養を補う程度にうまく活用できればいいですね。

諦めないで頑張りましょう!

以上、「胸のハリと弾力を復活させよう!ポイントは「食事」「マッサージ」「筋トレ」「ブラジャー」の4つ!」でした。