スキンケア

化粧後に乾燥する肌には対策を!決め手は夜?知らないと損する肌ケア

乾燥する季節になると気になるのが、「化粧崩れ」ですよね。

「せっかくメイクしたのに、もう崩れてるよ…」と思うこともしばしば。

そんな化粧崩れの原因は「乾燥」なんです。

「そんなの知ってるよ!」・・と思っているあなた!ちゃんと正しい乾燥対策していますか?

乾燥対策をしっかりしないで放っておくと、改善どころか、もっと乾燥する肌になってしまいます。

化粧後に乾燥する肌を卒業するためにも、今日から正しい乾燥対策を始めましょう!

化粧後の乾燥肌対策をしっかりしよう!

そもそもの原因はなに?

化粧崩れの原因は乾燥ですが、乾燥の原因は保湿不足にあります。

保湿が不足して肌内部の水分が蒸発しやすい状態になると、外部の刺激物質も侵入しやすくなります。なので、肌のバリア機能が低下して、肌が乾燥してしまうのです。

肌が乾燥すると、化粧が肌に密着しづらくなります。また、外的刺激から肌を守るために、皮脂が過剰に分泌されるのです。これが、化粧崩れにつながります。

化粧前の対策が重要!

洗顔を見直そう

寝ている間に分泌された余分な皮脂汚れを落とすことは、とても大切です。汚れを落とすことで、その後の化粧水や乳液の浸透がよくなります。

洗顔には洗顔料を使っている人が多いと思いますが、必ずしも洗顔料を使う必要はないんです!

特に、乾燥・敏感肌の人は、洗顔料を使わずに、ぬるま湯で汚れを落とすだけで十分です。洗顔料を使わないことで、肌への負担を減らすことができます。

化粧水は洗顔後すぐに

化粧水は、洗顔後すぐにつけてください!放っておくと、どんどん水分が蒸発して乾燥してしまいます。

でも「すぐには無理!子供のことが優先!」などという方もいますよね?

そんな人は、ミストタイプの化粧水を仮にスプレーすると良いです。あとで落ち着いてから、しっかりと化粧水でたっぷりと水分を入れてあげてください。

化粧水の前に「ブースター(導入美容液)」を使うと、普通に化粧水を使うよりも、格段に化粧水が肌に浸透します。

パックをプラスしよう

朝からパック!?と思う人もいるかもしれませんが、化粧前にこのひと手間を加えるだけで、化粧ノリが格段にアップします!

大容量のプチプラのものを使ってもいいですし、化粧水とコットンを使ってのパックでもいいです。あまり聞きませんが、乳液とコットンを使ってのパックは、コットンが剥がれにくく、他の作業もしやすいので便利です。

乳液・クリームでフタをしよう

最後は必ず乳液やクリームで保湿してください。乳液やクリームは、油分を与えて肌を保護し、水分が蒸発するのを防いでくれます。

ベタつきが気になるなら乳液、特に乾燥しているならクリームと、使い分けることができるといいですね。特に乾燥が気になる人は、乳液とクリームの重ね付けをすることで、より保湿効果がアップします。

化粧後も乾燥対策を忘れない

ミストタイプの化粧水は選び方が重要

すぐに使えて便利なミストタイプの化粧水が数多く販売されていますが、「ミストタイプの化粧水は逆に乾燥する」と言われることがあります。

でも、実は、しっかり選んでいれば大丈夫なんです!保湿効果が高く「メイクの上からでもOK」のものを選んでください。

保湿効果が低いと、スプレーした化粧水の水分が肌表面で蒸発してしまい、それが乾燥を招きます。また、分量も大切で、つけすぎも化粧崩れの原因となります。

化粧直しの時ときも保湿する

化粧直しのとき、直したい部分の化粧を、乳液で馴染ませます。その後、コットンで拭き取ってからファンデーションをぬります。

そうすることで、保湿にもなりますし、乳液が下地の役割もしてくれます。

これからは化粧ポーチの中に、コットンと乳液も入れておいてくださいね!乳液は、100円ショップなどで売っている小さい容器に入れると、コンパクトに持ち運べるので便利です。

部屋の環境も整えよう

外の環境はなかなか変えられないですが、部屋などは少し工夫できそうですよね。室内の理想的な湿度は約40~60%、肌にとって理想的な湿度は約60~65%と言われているようです。

  • 加湿器を置く
  • 濡れたタオルや洗濯物を置く
  • コップにお湯か水を入れておく(効果は低いですが…)

などの対策で、部屋を理想的な環境に整えましょう。

加湿器に関しては、デスクの上にも置ける小さなものも販売されています。持ち運びもできるので、仕事場にはちょうどいいですよね。

夜も乾燥対策をしっかりやろう!

洗顔・化粧水・乳液・クリームの方法は、朝の化粧前と同じです。時間があるなら、スチームなどをあてるのもいいですよ。

夜に注意してほしいことは、「クレンジング」です!

メイクを早くしっかり落としたいからと、いつもオイルクレンジングを使ったりしていませんか?早く落とせるものは、それだけ肌に負担がかかっています。

その日のメイクに合わせて、ミルククレンジングやクリームクレンジングなど使い分けてみてください。思ってる以上に、十分に落とすことができます。

化粧後の乾燥肌対策まとめ

  1. 崩れの原因は、乾燥にあり
  2. 乾燥の原因は、保湿不足にあり
  3. 化粧前の乾燥対策をしっかりする
  4. 洗顔を見直そう
  5. 化粧水は洗顔後すぐに!
  6. パックをプラスしよう
  7. 乳液・クリームで肌にフタをしよう
  8. 化粧後でも乾燥対策を忘れない
  9. ミストタイプの化粧水はしっかり選んで使う
  10. 化粧直しのときは乳液を活用する
  11. 部屋の湿度は肌にとって理想的な約60~65%に保つ
  12. 夜もしっかり乾燥対策をする
  13. クレンジングを使い分ける

朝の忙しい時間は、化粧前の洗顔や化粧水、乳液などの肌のケアが適当になりがちですよね。

特に子育て中は、自分のことに時間が掛けられないことが多いので、肌のケアどころか化粧も適当。

なので、乾燥している季節は特に、化粧崩れがしやすい。

でも、そんな忙しい中でも、乾燥対策のための工夫はたくさんあります。

クレンジングや洗顔を見直したり、パックは両手を使いながら保湿ができるので便利です。

自分の生活スタイルにあった対策で、化粧後に乾燥しない肌を手に入れて、化粧崩れを気にせずに過ごしたいですね。

以上、「そのままにしないで!化粧後に乾燥する肌にはしっかり対策を!」でした。