バスト知恵袋

胸の盛り方どうしてる?ヌーブラを使って簡単にバストアップしてみよう!

ヌーブラは、夏など水着を着るときに使うイメージがありませんか?

ヌーブラを使えば、肩や背中を出して胸を盛ることができます。

なので、オフショルダーを着るときや結婚式のドレスを着るときなど、いろいろなシーンで使えるんですよ!

ここでは、そんなヌーブラを使った胸の盛り方を紹介します。

ヌーブラとは?

ヌーブラとは、肩ひもやアンダーベルトがなく、胸に直接貼るブラのことです。

ヌーブラの種類にもよりますが、サイズはA~Eがあります。

注意してほしいのですが、普通のブラジャーのサイズとヌーブラのサイズは違います。

ヌーブラを買うときは、専用のサイズ表を参考にするか、普段のサイズよりも小さいものを買うようにしてね!

ヌーブラは大きく分けて2種類ある

シリコンヌーブラ

100%シリコンでできているので、肌とのなじみが良いです。

濡れても大丈夫なので、水着のときに活躍します。

分厚いので、サイズアップしやすいです。

パテッドヌーブラ

接着部分はシリコンでできていますが、カップはポリウレタンからできています。

薄くて、100%シリコン製よりも軽いです。

ヌーブラのメリット

ヌーブラを使ったことがない人は、ヌーブラに少し抵抗感があるかもしれません。

でも、ヌーブラにはいろんなメリットがあるんですよ!

  • どんなバストサイズでも盛れる
  • きれいな谷間を作れる
  • 肩や背中を露出できるので、ドレスを着るときにも使える
  • 水着など濡れた場所でも使える
  • 締め付け感がない

ヌーブラは、胸自体を大きくするのではなく、胸を大きく見せるものです。

誰でも簡単に胸を盛れるのが、ヌーブラのいいところですよね!

ヌーブラの盛れるつけ方

つける前に肌をきれいにしておく

肌が汗で濡れていたり、ボディクリームを塗っていると、ヌーブラの粘着力が落ちてしまいます。

タオルなどで拭いて、乾燥しているきれいな肌にしておきましょう。

片方ずつつける

片方ずつつける方が上手に盛ることができます。

ホックを下向きにして胸に貼ります。

このとき、カップを反らせるようにすると、粘着面全体に肌を密着させることができます。

位置は、アンダーバストから指1本分上に、ヌーブラの下が来るようにします。

ホックを留めてから、横のお肉を入れ込む

ホックを真ん中に寄せ上げるように留めます。

そのあと、カップの上半分を少しめくって、横のお肉を入れ込みます。

こうすることで、バストがきれいに盛れますよ!

ヌーブラのお手入れ

使った後は、必ず汚れを落としましょう。

粘着面に汚れやほこりがついていると、粘着力が落ちます。

しっかりお手入れをしていれば、50回以上は使えるでしょう。

洗い方

ぬるま湯で、優しく手洗いします。

汗や皮脂などの汚れが落ちるように、石鹸をよく泡立てて洗いましょう。

水気を切ったら、室内の直射日光が当たらない場所で乾かします。

乾いたらフィルムを貼って、ケースに入れて保存してください。

ヌーブラの選び方

商品によって、値段もバラバラです。

安いものに手が出そうになりますが、しっかり正規のものかを確認してから買うようにしてくださいね。

また、安いものには以下のようなデメリットもあります。

  • 肌が荒れやすい
  • 素材が薄い
  • 粘着力が弱い

正規品には、以下のようなメリットがあります。

  • 医療用のシリコンが使われていて、肌に優しい
  • 耐久性に優れていて、長持ちする
  • 粘着力が強い

正規品には、シリアルナンバーや特殊印刷されたロゴがついています。

しっかりと見極めて、自分に合ったヌーブラをゲットしましょう!

ヌーブラのまとめ

  1. ヌーブラとは、肩ひもやアンダーベルトがなく、胸に直接貼るブラのこと
  2. シリコンとパテッドの2種類がある
  3. どんなバストサイズでも盛れるなどのメリットがある
  4. 盛れるつけ方がある
  5. しっかりお手入れする
  6. 正規品を選ぶようにする

ヌーブラは、バストアップのために筋トレやマッサージなどをする必要がありません。

本当にラクに盛れますよね。

結婚式などは大活躍でした!

胸を盛ることで、ウエストとの差もしっかり出るので、スタイルがよく見えます。

抵抗がある人もいるかもしれませんが、意外にズレませんし、肩も凝りません。

ヌーブラさえあれば、すぐに胸を盛れるので、1つ持っていてもいいですよね!

以上、「一番簡単な胸の盛り方はヌーブラを使うこと!誰でもラクにバストアップ!」でした。