バスト知恵袋

産後の胸の張りはいつ落ち着く?対処法に痛みが激痛のときのポイント!

産後の悩みの一つとして、胸の張りがありますよね。

母乳育児をしている人は特に、胸の張りと戦いながら授乳をするので大変です。

この痛みはいつ落ち着くんだろう?と思いますよね。

そこで今回は、産後の胸の張りはいつ落ち着くのかや、対処法、痛みが激痛のときのポイントを紹介したいと思います。

私自身母乳で子育てをし、胸の張りに悩まされた一人なので、体験談を踏まえてお話しします。

産後の胸の張りはいつ落ち着く?

胸が張るタイミング

母乳がたくさん作られていたり、赤ちゃんがまだ上手に母乳を飲めなかったり、母乳の出ている量に対して赤ちゃんの飲む量が少ないと胸が張ってしまいます。

特に、産後すぐのときは胸が張りやすいです。

それ以降も、赤ちゃんが上手に飲めるようになり母乳量が安定するまでは張りやすい状態が続きます。

では、この産後の胸の張りはいつ落ち着くんでしょうか?

実際、産後1ヶ月で落ち着く人もいれば、産後3~4ヶ月で落ち着く人もいて個人差があります。

私の場合は、産後すぐはあまり張らなかったのですが、産後2~3ヶ月はよく張っていました。

私の胸の張りの原因は、授乳の仕方に問題があったのですが、これについては対処法でお話しします。

産後の胸の張りの対処法!痛みが激痛のときのポイント

胸の張りは放っておいて良いものではありません。

しっかり対処をしないと、どんどん胸の張りは悪化してしまいます。

でも、赤ちゃんが上手に母乳を飲めるようになるには、こちらも個人差があります。

なので、赤ちゃんの上手下手に関しては焦らず、優しく見守ってあげましょう。

時間がかかる赤ちゃんもいますが、何回も練習するうちに上手に飲めるようになりますよ。

ここでは、お母さんが実践できる対処法を紹介します。

授乳の仕方を工夫する

私の胸の張りの原因は、授乳の仕方に問題がありました。

というのも、私は産後すぐから母乳がよく出ていた方なので、赤ちゃんが母乳を飲むと片方の胸だけでお腹がいっぱいになっていたのです。

なので、私は1回の授乳に片方の胸しかあげていませんでした。

これを続けていた私は、産後2ヶ月あたりから胸がカチカチに張り、とても痛くなりました。

この痛みをなんとかしないと!と思った私は、授乳法を変えました。

  • 胸を左右交互に吸ってもらう(片方5分など時間を決めるといい)
  • 吸ってもらう角度を変える(抱き方を変える)
  • 固くなっている部分をほぐしながら吸ってもらう

この授乳法で、両方の胸を均等にまんべんなく吸ってもらうことで胸の張りは落ち着いて行きました。

慣れるまで痛みが引くまでに時間はかかりますが、授乳の仕方を見直して工夫してみてください。

手で搾乳する

あまりにも胸が張っていて激痛の場合は、一度搾乳するとラクになります。

でも、搾乳をし過ぎると、余計に母乳が作られてしまう可能性もあるので注意してください。

私は搾乳のし過ぎで、一度乳腺炎になりました。

なので、搾乳するときは少しずつ、でやる程度にした方がいいです。

少しずつ冷やす

冷やすのも、痛みが激痛のときに良いです。

胸が張ると熱がこもってしまいます。

なので、胸が張ったときに冷やしてあげると、熱を冷まし痛みが和らぎます。

でも、氷などでの冷やし過ぎは母乳を作るのを止めてしまうので注意してください。

冷やしたタオル冷却シートを当てる程度がいいでしょう。

食事に気を付ける

母乳の成分は血液から作られています。

高カロリーな食事や乳脂肪の多い食べ物は避けて、野菜中心のヘルシーな食事を心がけましょう。

私は産後が冬だったので、食事は野菜が多く取れるスープやお鍋をよく食べました。おやつには果物が多かったですね。

でも、気をつかい過ぎてストレスが溜まらないようにしてください。

産後の胸の張りで注意してほしいこと

産後の胸の張りの対処法でマッサージがありますが、安易にマッサージはしないでください。

ちゃんとした知識がないのにマッサージをすると、逆に胸が張ってしまう可能性があります。

マッサージをしたいときは、産院に母乳外来があれば行って、助産師さんにしっかりと教えてもらってからにしましょう。

また、あまりにも胸が張ってひどいとき、熱があるときは乳腺炎の可能性があります。

乳腺炎になってしまったら病院に行きましょう。

私も急に40度近くの熱が出てびっくりしましたが、産院に電話すると乳腺炎の可能性があるとのことで診てもらいました。

助産師さんに胸の状態を診てもらい、絞ってもらってラクになったのを覚えています。

その後は薬が処方され乳腺炎も治り、最後まで母乳育児を続けることができました。

産後の胸の張りはいつ落ち着く?対処法に痛みが激痛のときのポイント!まとめ

  1. 母乳の出ている量に対して赤ちゃんの飲む量が少ないと胸が張る
  2. 産後1ヶ月で落ち着く人もいれば、産後3~4ヶ月で落ち着く人もいて個人差がある
  3. 胸を左右交互に吸ってもらうなど、授乳の仕方を工夫する
  4. 胸が張っていて激痛の場合は、手で搾乳するとラクになる
  5. 冷やしたタオルや冷却シートを当てて少しずつ冷やす
  6. 野菜中心のヘルシーな食事を心がける
  7. マッサージは正しい知識をつけてから行なう
  8. 乳腺炎になってしまったら病院に行く

産後の胸の張りは、誰にでも起こることです。

私も胸の張りには悩まされましたが、一生続くわけではないし、辛いのは今だけだと思って耐えていたのを思い出します。

対処法もいろいろありますが、自分がラクになれる方法が必ずあると思いますし、いろいろ試しているうちに張りも落ち着いてくると思います。

乳腺炎にならないように、母乳育児は頑張りましょう。

以上、「産後の胸の張りはいつ落ち着く?対処法に痛みが激痛のときのポイント!」でした。